FLL

一般

FLL

えふえるえる

First LEGO League の略

LEGO社と米NPOによって行われる青少年向けのロボット競技会

毎年テーマがある。

2010年は「Body Foward」

2009年「Smart Move

2008年「Climet Connection」

2007年「Power Puzzle」

2006年「Nano Quest」

2005年「Ocean Odyssey」

2004年「No Limits」

9-15歳(ヨーロッパでは10-16歳)が参加資格を持つ。


競技概要

プレゼンテーション』(午前)※一般非公開

リサーチ

テーマに基づいたチームの研究を制限時間5分で発表します。

発表形式の指定はなく、チームの創意、工夫が求められます。

テクニカル

ロボットの構造、動き、プログラミングについて5分以内で発表します。

ジャッジエリアにはフィールドが置かれておりプログラミングの実証ができます。

ロボットレゴブロック以外使用してはいけない。

チームワーク

FLLシーズンに行ってきた活動について5分以内で発表します。

ロボット競技』(午後)※一般公開

競技

レゴブロックで作った自律型ロボットで所定のミッションをこなすことによってベストスコアーを狙います。

タイマーは競技の間とめられることはありません。

一度に2チームが競技を同時進行し、2チームのフィールドにまたがるミッションがある場合がある。

全国大会は近年、日本科学未来館で行われる。