スマートフォン用の表示で見る

Flyable Heart

ゲーム

Flyable Heart

ふらいあぶるはーと

リスト::ギャルゲー//タイトル/は行

Flyable Heart 通常版

Flyable Heart 通常版

ユニゾンシフトブロッサムの第3作のアダルトソフト。

OPは「Flyable Heart

ストーリー

謎の転校生‐ミステリアスで魅力的で、ドキドキするその響き。

だがしかし。

謎の転校生になってしまったのは、ちょっとお腹が空いていただけの一男子だった!

−始まりは一通の封筒

ある日届いた有名学園への入学許可証にあった「学食タダ食べ放題」文字。

それだけにつられて主人公が訪れたのは、各分野の優秀な才能を持つ生徒が属するチョウ名門校・私立鳳繚蘭学園!

ちょっぴりズレちゃってるかもしれない超個性的な生徒たちや、学園内を当たり前のように歩く謎のロボ。

そんな曲者達を取りまとめる二つの集団-「生徒会」と「繚蘭会」

意気揚々と転校したはいいが、そんな彼を歓迎したのは、

なぜか家を出てすぐ表れた不吉なことを喋る占い師!

そして、なぜか女子寮にしかない自分の部屋!!

むしろ自分が謎に巻き込まれてしまった、転校生・晶に待ち受けるものは?

新たな出会い、そして始まるかもしれない6人の女の子たちとの恋模様はどうなるのか?

トラブル続きの学園生活、前途多難な日々が幕を開ける!

『類まれなる運命を持つ少年よ、気をつけなさい。この先には不幸が待ち受けているであろう〜』

(公式サイトより引用)

登場人物(メイン)

  • 葛木晶:この物語の主人公で、謎の転校生。だが、その正体は、ただのハラペコキャラ。そのため前の学校では、食べ物さえあげればいうことを聞いてくれるとさえ思われていた。特殊遺伝子のおかげで、編入早々退学という事態を免れることができた。幼いころに母親を亡くしている。
  • 稲羽結衣(CV:小倉結衣):晶の1週間前に引っ越してきた晶のクラスメイト。同じくハラペコキャラで、ドーナツ大好き。だが、前の学校でのハラペコ王子扱いにショックを受け、はじめのうちはハラペコキャラであることを隠している。その影響か、お腹が空いたのを我慢するため、「武士は食わねど高楊枝」という言葉を時折掲げている。時代劇好きでもあり、特にちょんまげに強いあこがれがある。ちなみに、特に天才というわけでもない結衣が編入できたのは、以前街で理事長をひったくりから助けたことがあり、父親が鳳繚蘭学園の関係者の知り合いだったおかげ。
  • 皇天音(CV:宮沢ゆあな):繚蘭会会長であり、晶のクラスメイト。自分の立場をひけらかすことはないものの、周りを引っ張っていく、まさしく統率者タイプ。しっかりした反面、時折きつく当たりすぎるきらいがあり、こっそり後で反省しているとか。また、肝心なところで素直になれない。頭に血が上り、ひとたび冷静さを失ってしまうと、相手の話をまともに聞けなくなってしまう。怒るとすぐ蹴り飛ばす。もっともその対象は、もっぱら兄の奏龍なのだが。優しい性格で、頼まれると断れない苦労人。
  • 水無瀬桜子(CV:遠野そよぎ):繚蘭会所属で、ふんわりした感じのお嬢様っぽい子。学園のアイドルとしてあこがれの目で見られているが、本人はそんなこと知りもしない。それどころか、周りの人にあまり声をかけてもらえないのはどうしてだろうと少しさみしがっている。芸術が好きなようだが、前衛的すぎて常人には良くわからない。4年前に心臓移植を受けており、毎日薬を飲まなければならないうえに、月に1度検査を受けなければならない。入院生活が長かったためか、微妙に常識はずれなところがあり、また内には好奇心を秘めている。
  • 雪代すずの(CV:藤森ゆき奈):記憶の大半を失ってしまっており、自称幽霊。事実、晶、結衣、マックスにしかその存在を認知されていない。それどころか他の人は、触れた程度では、触れた感覚を感じることすらできない。だがどう見ても、ちょっとドジなだけのただの女の子。人と話すのがちょっと苦手なのか、コクコクうなずくだけで意志表示をすることも多い。壁抜けをすることが最近の目標。だが、成功したことはない。晶に発見される前は保健室にいたが、結衣がそれではかわいそうだと自室に連れて帰る。それ以後は結衣の(非公認)ルームメイト。
  • 白鷺百合CV:涼森ちさと):生徒会副会長にして、桜子と並ぶ学園のアイドル。だが、その座を争うようなことはなく、むしろ2人は一番の仲良しである。何でもそつなくこなすタイプであり、いつでも笑顔を浮かべているようなタイプの人である。桜子の頼みで時折繚蘭会の手伝いもしている。奏龍とは形式上婚約者なのだが、実際は双方付き合う気すらない。
  • 九条くるりCV:茶谷やすら):晶の住む繚蘭会寮寮長。天才的な頭脳を持ち、すでに数々の発明をしている。両親は不明で、幼いころは施設にいたが、その才能を買われ、千羽耶に引き取られた。色々あって、男のことは嫌い。それとは別に、マックスの女性型を作る際に、いろいろと知識を身につけてしまい、男は皆危険なんだと思い込んでいる。特に、同じ寮に住む晶のことは警戒している。敵と判断した相手には容赦しないが、その反面友達想いで、友達を助けるためなら苦労することもいとわない。お風呂が大好きで、1日最低3回は入っているとのこと。

登場人物(サブ)

  • 早河恵(CV:青葉りんご):通称「ぐみちゃん」。Peace@Piecesのサブキャラクター・早河忍の妹。プログラミングの天才で、くるりとは大の仲良し。ミステリー小説が大好きだが、リアルはだめらしい。明るくてとても純粋な子なのだが、会長のことを崇拝しているちょっと変わった一面がある。恋愛感情というものは、いまいちよくわかっていないらしく、その手の話題には全くついていけない。
  • 皇奏龍(CV:木島宇太):天音の兄で、生徒会長…なのだが、全くと言っていいほど仕事をしない。それどころか、生徒会室ではゲームばかりしており、昼寝と抜け出すことさえある。唯一イベントの企画は、必要ない場面でまで積極的に行っており、生徒達にとって会長は、楽しいイベントを開催してくれるだけの存在。おそらくそれ以外は期待されていない。天音のことは大好きなようだが、余計なちょっかいを出して、しょっちゅう蹴り飛ばされている。
  • 八重野蛍(CV:桃山悟亮):生徒会副会長。だが、奏龍が仕事をしないため、実質の権力者といっても間違いではない。文武ともにとんでもないスペックを誇り、特に身体能力は人並み外れている。だが、困っている人がいたら黙って助けてくれる、真の武人。「ななついろ★ドロップス」の八重野撫子の兄で、3人兄弟の次男。実は自覚なきシスコンなのだが、妹の部活に石蕗正晴が入部したことは全く知らない。
  • マックス(CV:御木もも):晶のルームメイトで親友。だが、どう見てもロボット。とても友達想いなとてもいいやつ。マックスはコードネームの略称であり、生徒としての名前は電堂あきら。メンテナンス時に女性型のボディに意識を移されたときもそう呼ばれる。ちなみに本人は男(元は決まっていなかったが、自分でそう結論付けた)である上、元のからだがお気に入りのため、その体をひどく嫌っている。ボディを作ったのはくるりで、プログラムはぐみちゃんによるもの。それゆえくるりを「マミィ」、ぐみちゃんを「ダディ」と呼んでいる。
  • 皇千羽耶(CV:宗川梗):繚蘭学園理事長にして、奏龍と天音の母親。人間的にとてもできた人。
  • 葛木茂樹(CV:子太明):晶の父親で、晶を溺愛している。職業は刑事。4年前銃で撃たれたことがあるが、晶のため気合いで生還した。
  • 氷川京一郎(CV:木島宇太):主人公たちの担任。変わった人。