スマートフォン用の表示で見る

Foveon X3

コンピュータ

FOVEON X3

ふぉびおんえっくすすりー

FOVEON社が開発した新型CMOSイメージセンサー。波長により異なる深度で光を吸収するシリコンセンサーの特性を活かし、1画素でフルカラーを記録する。

従来の一般的なイメージセンサーは各画素が明度しか感知できないため、RGB或いはCMYKのカラーフィルターを通すことで4画素単位で色ごとの明度を記録、合成してフルカラーを生成する必要があったが、FOVEON X3では銀塩フィルムのように1画素でフルカラーを感知するためソフトウェア的な合成処理を必要としない。

従来のCCDCMOSに比べ色の再現性が正確(とりわけモノクロ部にしばしば見られる偽色が一切発生しない)であり、周囲の画素との合成によるディティールの潰れもないため、実質的に他のイメージセンサーの3倍〜4倍程度の解像度を有すると言われる。

また、製造時に各画素に微細なカラーフィルタを配置する加工が必要ないため、製造コストも抑えられるなどの利点がある。