FreeNAS

コンピュータ

FreeNAS

ふりーなす

FreeBSDをベースとしたオープンソースNASOS

単機能ではなく、sambaWindows共有)はもちろん、rsyncUPnP(DLNA)、DAAP、BitTorrent等の機能や、ZFSiSCSIエンタープライズで使われる機能を持ち、Webベースの画面でかなりの部分まで管理・設定がができるようになっている。

古いPCを活用したお手軽NASから、一部の企業ユースまで幅広く使われている。

0.7.x系を主に開発していた方がLinuxベースにしたNASOSを開発するためにFreeNASの開発から離れ、その際にPC-BSDのiXsystemsがFreeNASの開発を引き継ぎ、8.0系として開発を開始している。

一方FreeNAS0.7.x系も、iX Systems がFreeNAS8として開発を進め初めた後もdaoyama氏など有志が開発を引き継ぎ引き続きバージョンアップが続いていたが、2012年3月、NAS4Freeとしてフォーク、新たな名称で独立した。

そのため、現在は主に2バージョンが存在する。

0.7.x系(FreeNAS Legacy)

従来からのFreeNASの流れを汲むバージョン。

ベースをFreeNAS7.x系を使用している。

Legacyと名前が付いているが、7Sバージョンと呼ばれるFreeBSD 9.x系統の新たな機能(ZFS v28など)を取り込んだNightlyバージョンが存在していた。

その後、FreeNASProjectから離れ、NAS4Freeと言う名前でフォーク、主要開発者が移り開発が続いている。

なお、現在FreeNASコミュニティでは、Legacy系の開発が収束・NAS4Freeに移ったことを受け、セキュリティアップデートが提供されていない事を理由にFreeNAS8、あるいはNAS4Freeに移行するようユーザに呼びかけている。

8.x系

FreeBSD 8.2系をベースに、iXsystemsが主に開発しているバージョン。

エンタープライズ用途に耐える事をターゲットとしており、コンセプトは同じにしながら、0.7.x系とはWebGUIなども一新し、作り直されている。

従来のFreeNASでは搭載していた、DLNA,DAAP,BitTorrentなどは、プラグイン形式にて利用するようになっている。

プラグイン機能は8.2から実装された)

なお、FreeNAS 0.7系よりも要求スペックが非常に高くなっている。