映画

G.I.ジョー

じーあいじょー

G.I. Joe: The Rise of Cobra

スタッフ

  • 監督:スティーヴン・ソマーズ
  • 製作:ロレンツォ・ディボナヴェンチュラ?、ブライアン・ゴールドナー?、ボブ・ダクセイ?
  • 製作総指揮:スティーヴン・ソマーズ、デヴィッド・ウォマーク?、ゲイリー・バーバー?、ロジャー・バーンバウム?、エリク・ハウサム?
  • 脚本:スチュアート・ビーティー?、デヴィッド・エリオット?&ポール・ラヴェット?
  • 原案:マイケル・B・ゴードン?、スチュアート・ビーティー?スティーヴン・ソマーズ
  • キャラクター創造:ハズブロ
  • 撮影:ミッチェル・アムンドセン?
  • プロダクションデザイン:エド・ヴァリュー?
  • 衣装デザイン:エレン・マイロニック?
  • 編集:ボブ・ダクセイ?、ジム・メイ?
  • 音楽:アラン・シルヴェストリ

作品概要

アメリカの人気ミリタリー・アクション・フィギュアから派生したTVアニメ・シリーズ「地上最強のエキスパートチームG.I.ジョー」をベースに実写映画化したアクション・エンタテインメント。様々なガジェットを駆使する史上最強の国際機密部隊G.I.ジョー”が世界征服を企む悪の組織“コブラ”と繰り広げる壮絶バトルをスタイリッシュかつ迫力の映像満載で描く。監督は「ハムナプトラ」シリーズのスティーヴン・ソマーズ

ある日、NATOの開発した緑色の化学物質ナノマイトが世界征服を目論む悪の組織“コブラ”に強奪される。その物質は本来ガン細胞の治療薬として研究開発されたものだったが、あらゆる金属を侵食し粉々にする驚異の性質を持つため、コブラと共謀する武器商人デストロの手によって世界を脅かす化学兵器として悪用されてしまうことに。そこでアメリカ政府は、世界屈指の精鋭で構成される最強の国際機密部隊G.I.ジョー”を、世界を救う最後の切り札として送り込むのだった。強靱な肉体と行動力を持ったエキスパート集団である彼らは、加速装置付きのハイパースーツなど最新のガジェットを操り、コブラに立ち向かう。そして両者は、G.I.ジョーの若きリーダー、デュークとコブラの中心メンバー、バロネスとの知られざる因縁をはじめとした逃れられぬ宿命に導かれながら、苛烈を極めた攻防を展開していくのだが…。

(allcinemaより)

ハスブロ社によるアクションフィギュアシリーズ『G.I.ジョー』の実写映画化作品。

関連作品

*1:Rated PG-13 for strong sequences of action violence and mayhem throughout.