GENERATION XTH

ゲーム

GENERATION XTH

じぇねれーしょんえくす

株式会社エクスペリエンスから発売されている、Windows専用の思考型ダンジョン探索RPGシリーズ。

2008年4月30日に一作目のCODE HAZARD(コードハザード)、2008年11月30日に二作目のCODE BREAKER(コードブレイカー)、2009年5月30日に最終作のCODE REALIZE(コードリアライズ)が発売された。

更にその続編として「迷宮クロスブラッド」が2010年12月17日に発売された。

製作はTeam Muramasa(チームムラマサ)。


舞台は、異形と呼ばれる怪異が跋扈するようになった20XX年の東京

プレイヤーは、日輪学園の学生兼特務隊『エクス』の隊員であるキャラクター達を操り、アビスと呼ばれる迷宮に挑む事になる。


ゲームシステムは、Wizardry XTHシリーズをベースとして、現代世界風のアレンジを加えた物。

3部作として展開されており、第1部は1学期、第2部は2学期、第3部は3学期となる。

なお、キャラクターやアイテム等の引継ぎは可能。