スマートフォン用の表示で見る

Gabriel Faure

音楽

Gabriel Faure

がぶりえるふぉーれ

Gabriel Fauré


ガブリエル・フォーレは、1845年?に南仏アリエージュ県のパミエに生まれ、1924年に没した。

9歳の時に見出されてパリのニデルメイエール古典宗教音楽学校に入学し、そこで生涯の師となり友人となったサン=サーンスとの出会いがある。

彼の引き立てもあって、やがて生涯の大半において無名であったフォーレはパリ国立音楽院?の院長、学士院会員?にまでその道を歩むことになる。 

音楽史の上では、サン=サーンスから受け継いだ古典主義?の流れラヴェルに伝えながら、象徴派?フランス歌曲(メロディー)を確立した人物である。