スマートフォン用の表示で見る

Glenn Gould

音楽

Glenn Gould

ぐれんぐーるど

D

グレン・グールド

Glenn Gould(1932-1982)

 カナダトロントに生まれ、3才から母の手ほどきを受ける。

11才でトロント王立音楽院に入学、12才で同音楽院創立以来最年少の音楽院会員の称号を受ける。15才でトロント交響楽団と共演、1955年にはアメリカ・デビューを果たし、全米の注目を集め、CBSと専属契約を結ぶ。レコード・デビューとなった「バッハゴールドベルク変奏曲」は歴史的名演としてベストセラーとなった。その後、コンサート活動から身を引き、レコード作りに専念、数々の名盤を生み出した。50才の誕生日の直後、急逝した

グレン・グールド書簡集』

ジョン・ロバーツ,ギレーヌ・ゲルタン 編

宮澤淳一みすず書房,1999年3月

グレン・グールド伝――天才の悲劇とエクスタシー

ピーター・オストウォルド 著

宮澤淳一筑摩書房より、2000年9月