スマートフォン用の表示で見る

Gnutella

ウェブ

Gnutella

ぐぬーてら

P2Pクライアントソフト。


ファイル共有ソフトで、Nullsoftの社員、Gene Kanによって開発が行われていた。

発表直後に親会社であるAOLにオリジナルサイトは消去されたが、有志によってミラーリングされ配布された。

それまでのP2Pによる共有ツールは中央サーバという管理用のサーバが必要であった。(Napster, WinMX)

対して、Gnutellaは任意のコンピュータに互いに接続し、数珠繋ぎのように接続される。

(Freenet, Winny 等が似たような形態をとる。)






作者のGene Kanは謎の死を遂げた。自殺であると言われている。



http://hotwired.goo.ne.jp/news/culture/story/20020710204.html

http://slashdot.jp/articles/02/07/09/024216.shtml