Gregor Samsa

音楽

Gregor Samsa

ぐれごーるざむざ

合衆国ヴァージニア出身のドリーミー・シューゲイズ・ロックバンド。

ハードコア系のレーベルIodineと契約を交わし、01年のEPでデビュー(厳密にはこの前に限定のスプリットシングルあり)。全三曲、楽曲のタイトルが「.」「..」「...」で表記されていることから《Dot》とも呼ばれるこの処女作で既に独自の作風を完成させている。ゆるやかな曲想に甘いツインボーカルを乗せ、きらめくようなノイズギターで奏でられたロマンチックな旋律は愛好家からの高い評価を得た。

翌年、同じく3曲入りの《27:36》(発売当時は「1stフルアルバム」として紹介)発表。前作同様、バンドの美意識を象徴するかのように白を基調としたジャケットワークとなっている。

音的にはスロウコア(ロウ、ラルトラ…)の歌心とシューゲイザー美学を兼ね備えたものであるが、デビュー時の経緯もあってポスト・ハードコア界からの評価も高い。04年にはRed Sparowesとの競作12インチが発売されている。

06年春には待望のフルアルバム《55:12》発表。その後USツアーに向かっている。

メンバー構成が若干不定のようで《55:12》の「メンバー」として19人もの名前が挙がっている。中心となっているのはChamp Bennett(ギター&ボーカル)、 Nikki King(キーボード&ボーカル)、Champの兄弟のBilly Bennett辺り。「グレゴール・ザムザ」とは作家カフカの短編『変身』の主人公の名前。

ディスコグラフィー

 (1) 《Split》 - Gregor Samsa / The Silent Type (CDEP, 2001)

 (2) 《Untitled》 (CDEP, 2001)

 (3) 《27:36》 (CD, 2002)

 (4) 《27:36 + 2 dot》 (LP, 2004)

 (5) 《Split》 - Gregor Samsa / Red Sparowes 《55:12》 (12", 2005)

 (6) 《55:12》 (CD, 2006)