スマートフォン用の表示で見る

HAL

一般

HAL

はる

HALは、Hybrid Assistive Limbの略称。筑波大学大学院システム情報工学研究科山海研究室で開発されているロボットスーツの名称。「からだに装着することによって人間の身体機能を拡張、増幅、強化する」ことを目的とし、「足腰の弱った人の立ち座り、階段の上り下り、重たい荷物の持ち上げなどを初め、リハビリテーション、重作業の支援、災害現場でのレスキューなど」での応用が期待されている。

2006年、量産化が決定された。

(写真:山海研究室より)