HSV-010

スポーツ

HSV-010

えいちえすぶいぜろいちぜろ

ホンダの開発したスポーツカーSUPER GTにおけるNSXの後継車。

当初はアキュラブランドの日本導入も視野に入れてFRレイアウトの次期NSXとして開発されていたが、リーマンショックのあおりを受けて市販車は開発が凍結。

GT500のレギュレーション改正に合わせてレースカーとしては開発は継続され、2010年に実戦デビューし、そのシーズンでワークスチームHONDA RACING?にタイトルをもたらした。

なお、2014年からはGT500とDTMとのレギュレーション統合などに伴い、開発再開した次期NSXプロトタイプによる参戦に切り替わる予定。