HUGO HALL

ゲーム

HUGO HALL

ふーごはる

挿し絵画家、著述家、ゲーム作家。

ペンネームや画風から外国人だと思われていたが、日本在住の日本人である。奥谷道草の別名で活動することもある。

1985年から二見書房から発売されたゲームブックドラゴン・ファンタジー」シリーズの独特な挿し絵で、熱狂的なファンを得た。本人はファンの存在など思いもよらず、十数年後に知ってひどく驚いたという。

アナログゲーム『hydra』『たぶらか』『POTATOでチョ!』『All the King's Men』『バロンポテトの晩餐会』などを発表。『バロンポテトの晩餐会』は2008年のドイツ・エッセンゲーム見本市にも出品された。

雑誌『RPGamer』(2006年9月発売のvol.15で休刊)季刊『R・P・G』(2007年10月発売のvol.4で休刊)や『サンキュ!』で、オリジナリティーあふれる作品、記事を連載している。

年に一度くらいのペースでグレイルクエストドラゴン・ファンタジー創土社版)関連のグッズ(Tシャツなど)を販売している。

TRPG迷宮キングダム』でモンスターイラストや挿し絵の一部を描いている。

2010年8月、TRPG迷宮キングダム」のブックゲーム『モービィ・リップからの脱出』、2011年11月に同シリーズ『虹河の大冒険』(河嶋陶一朗監修 フーゴ・ハル著)が発売された。

現在『Role&Roll』誌に連載を持っている。

 

関連

グレイルクエスト

ドラゴンの洞窟 (グレイルクエスト)

ドラゴンの洞窟 (グレイルクエスト)

 

ドラキュラ城の血闘 (Adventure Game Novel)

ドラキュラ城の血闘 (Adventure Game Novel)

 

迷宮キングダム