スマートフォン用の表示で見る

Helvetica

コンピュータ

Helvetica

へるべちか

1957年に Max Miedinger が Eduard Hoffmannと共に作成したフォントサンセリフ。可読性に優れる。

ライノタイプ社の書体。

概要

19世紀に生まれた「Akzidenz Grotesk(アクチデンツ・グロテスク)」を完成させるため、より明確性があり、本質的な意味を排除したフォントとして作られた。

元々「Neue Haas Grotesk(ノイエ・ハース・グロテスク)」と呼ばれていたが、国際市場に出す為に分かりやすくするため、出身国の「Swiss(スイスの)」のラテン語読みである「Helvetica」が名付けられた。*1

Mac OS Xには標準搭載されている。

Windows OSに入っている「MS-Arial」はコピーフォント

コーポレートフォント

様々な企業のコーポレート・タイプとしても世界的に使われている。

Helvetica Font - 40 Excellent Logos Created with Helvetica | Webdesigner Depot

映画

Helvetica」をめぐるドキュメンタリー映画が2007年9月17日に公開された。

Helvetica (2007) - IMDb