Howard Jones

音楽

howard jones

はわーどじょーんず

1983年にイギリスでデビューしたポップシンガー。80年代に主に活躍し、New songやwhat is love?、life in one dayなどのヒット曲を次々に飛ばす。90年代に入ってから"everlasting love"をスマッシュヒットさせた以降は人気もかなり衰えてます。創価学会員で、for Daisaku Ikedaと言うピアノ曲も作っている。以下は公式ページのつたない翻訳です。

ジョン・ハワード・ジョーンズは、1955年2月23日、イギリスのSouthamptonで生まれました。両親はジョンおよびテルマ・ジョーンズ。彼は3人兄弟で、下にロイ、マーティン、およびポールがいます。ハワードは、7歳の時にピアノをひくことを学びました。彼の父の仕事のせいで、家族は海外のカナダに行き、そこで、カナダのTVの前で歌ったのが初めてハワードがTVに登場した瞬間でした。

ハワードは、15才でWarriorと呼ばれる彼の最初のバンドを組織しました。Warrorは、その音楽がGenesisのようなバンド、および Emerson Lake and Palmerなどの影響を多く受けていました。ハワード曰く、音楽はElectro Classical Rockである!

その後、彼はマンチェスターの王立北部音楽大学に入学しました。そこにいた間、彼はクラシックピアノを勉強しました。よくピカデリーラジオで夜間勤務を行い金を儲けました。深夜と朝6時に20分ごと、シンセサイザーで音楽を演奏していました。しかし、時々、ハワードは歌うことを我慢することができませんでした、そして、その結果…いくつか苦情電話がありました!!!

ハワードは、よくピアノ・レッスンをしました。その中で、彼はジャン・スミスに会いました。(後に彼女と結婚する。)彼らはバンの後ろで果物、および野菜を売っていました。しかし、或る時バンにバイクがぶつかり、バンは大破してしまい、ジャンも軽い怪我をしてしまいました。ハワードは彼女に賠償を要求するように説得しました。そして彼女は、ハワードにシンセサイザーを買うために、金を使いました。店は、誤って2つシンセサイザーを届けましたが、ハワードはとてもこの2台が気に入ったのでもう1台分もお金を支払いました。店は、「正直なハワード」としての彼を知っています!

HighWycombeのクラブ、およびパブで、ハワードは、ソロとして演じ始めました。そして、ハワードの歌に合わせてJed Hoileがパントマイムとして踊っているのに気づいたショーでした。これは、1987年まで続いたとても感動的でビジュアルなパートナーシップのスタートでした。

ハワードは現在Maidenheadの近くのBraywickにジャンおよび彼(それ)らの3人の子供オシィーン、ミカ、およびジャスパーと共に住み、そして彼自身のレコーディングスタジオ「The Shed」を保有しています。