Humble Pie

音楽

Humble Pie

はんぶるぱい

 Small Facesを脱退したスティーヴ・マリオットが、彼と同様アイドル扱いにうんざりしていたピーター・フランプトン(元ハード)を誘って結成したグループ。他のメンバーはグレッグ・リドレー(元スプーキー・トゥース)とジェリー・シャーリー*1ソウルフルでハードなロックサウンドとアコースティックでフォーキーなサウンドが同居するのが特徴的なバンドだったが、徐々にスティーヴの意向であるソウル路線が強化されて行く中、1971年、フランプトンが脱退。後任には元コロシアムのデイヴ”クレム”クレムスンが迎えられた。1975年解散。

 1980年、再結成スモール・フェイシズ解散後スティーヴはシャーリーと共にパイを再始動。この時はボビー・テンチを迎え活動していたが、アルバム2枚のみで解散となる。

 2001年にはマリオットの追悼ライヴでフランプトン、リドレー、シャーリー、クレムスンという編成での「本物の」パイ再結成も実現。更に翌年にはリドレー、シャーリー、テンチにデイヴ・コルウェルと言う編成でアルバムをリリースしている。

メンバー

  • Steve Marriott (G/Org/Harp/Vo)
  • Peter Frampton (G/Vo)〜1971
  • Greg Ridley (B/Vo)
  • Jerry Shirley (D/Perc)
  • Dave "Clem" Clempson (G/Vo)1972〜1975
  • Blackberrys (Backing Vo)
  • Bobby Tench (G/Key/Vo)1980〜1981、2002
  • Anthony "Sooty" Jones(B) 1980〜1981
  • Dave "Bucket" Colwell (G) 2002

アルバム

  • As Safe As Yesterday Is (1969)
  • Town And Country (1969)
  • Humble Pie (1970)
  • Rock On (1971)
  • Performance Rockin' In The Filmore (1971)
  • Smokin' (1972)
  • Eat It (1973)
  • Thunderbox (1974)
  • Street Rats (1975)
  • On To Victory (1980)
  • Go For The Throat (1981)
  • In Concert (1998)*2
  • Live At The Whiskey A-Go-Go '69 (2001)*3
  • Back On Track (2002)

*1:全ての「ハンブル・パイ」に参加した唯一のメンバー

*21973年のライヴ

*31969年のライヴ