IBMビッグブルー からのリダイレクト リダイレクト元を編集閉じる

スポーツ

IBM BigBlue

あいびーえむびっぐぶるー

IBM BigBlueは、千葉県八千代市に拠点を置き、日本社会人アメリカンフットボールリーグXリーグ)X1 イースト・ディビジョン所属のアメリカンフットボールクラブチーム

1976年創部。

メインスポンサーは日本アイ・ビー・エム株式会社。オフィシャルスポンサーは、安田倉庫株式会社/株式会社AIT/JBCCホールディングス/株式会社ドール/ホグレル/日立オムロンターミナルソリューションズ株式会社/ユーオスグループ/日本情報通信株式会社/ソフトプレックス/関彰商事/国際空輸株式会社/JVCケンウッド

概要

チームは1976年に日本IBM社内のフットボール出身者が集って同好会として発足。当時、IBMのモットーの一つ"THINK"にちなんで、"IBM Thinkers"としてスタート。

1977年日本社会フットボール協会に加盟、東日本実業団リーグに所属し、一時期にパレスサイドリーグに籍を移しながらも、1983年に東日本実業団リーグに復帰。実業団カンファレンス2部に所属した1989年に、野洲硬式野球部(当時)、ラグビー部とともに「社内強化スポーツ部」に認定されたのをきっかけに、ニックネームを"BigBlue"に改めて本格的な活動を開始。

その後東日本社会人2部に所属し、1996年Xリーグ発足に伴ってX2イーストからスタート。2001年にX2セントラルを5戦全勝で制して、入替戦五洋建設(当時)に28対27で競り勝ち、悲願のXリーグ昇格。

2003年シーズンにはリーグ戦全敗で入替戦を経験するなど厳しいシーズンを経験し、2005年には4勝1敗で鹿島アサヒビールと同率で並びなら得失点差で3位。以降、3位が定位置となるシーズンが続くも、2010年に4勝1敗でディビジョン2位となり、2ndステージ上位リーグでも初勝利を上げて躍進を果たし、同率チームの抽選の末にファイナルステージに進出パナソニック電工(当時)に28対31と惜敗したものの、大きな成長を果たす。2012年には、PAC12出身の本格派QBケビン・クラフトが加入。パッシング、TD数でXリーグ記録を大幅に更新する活躍を見せた。2013年、「鹿島ディアーズ」としては最後のシーズンに創部以来初めて、悲願であった鹿島戦初勝利2014年には創部以来初のJXB出場を果たした。2016年チーム史上初のパールボウル決勝出場、初優勝。