スマートフォン用の表示で見る

IBM Notes/Domino

コンピュータ

IBM Notes/Domino

あいびーえむのーつどみの

Lotus Development社が1989年に世に送り出した、グループウェアの代表的製品のひとつ。

当時の開発元はレイ・オジー率いるIris Associatesだった。

日本語版は1993年より出荷。その後IBMによる買収を経て同社はIBM Software Groupの1ブランドとなり、2013年3月の最新バージョン「IBM Notes/Domino 9」を以てLotusの冠はなくなった。

Lotus Notes/Domino 8」時代からは、Eclipseの技術を取り入れたエディションが存在する。