HME からのリダイレクト リダイレクト元を編集閉じる

スマートフォン用の表示で見る

IED

サイエンス

IED

あいいーでぃー

即席爆発装置(Improvised Explosive Device)の略。

規格製造されているものを除く、簡易爆弾の総称。

砲弾や地雷などの炸薬と筐体を流用して独自に作成する爆弾であることから「Home Made Explosives(HME)」とも。

イラクアフガニスタンには、戦時中に発生した不発弾地雷が山野に放置されており材料の入手が容易で、破壊力の高いIEDが作成されている。爆発物に金属片やボールベアリングなどを仕込み、直接的な爆発でのダメージに加え、それらを飛び散らすことにより対人殺傷能力を高めている物も存在する。

イラク駐留のアメリカ軍の戦死者の大半が通常の戦闘ではなくIEDによるものであった。

種類

  • 道路脇などに仕掛けられた路肩爆弾、道路脇爆弾、路上爆弾。
  • 車両に搭載・設置された車爆弾、自動車爆弾。自動車は多くの爆薬を積載する事が可能で、比較的監視を潜り抜けやすい。