IGRいわて銀河鉄道

地理

IGRいわて銀河鉄道

あいじーあーるいわてぎんがてつどう

アイジーアールいわて銀河鉄道株式会社は、岩手県盛岡市に本社を置き、2002年12月の東北新幹線盛岡八戸間開業に伴い経営分離された並行在来線のうち、岩手県内部分を経営する第三セクター鉄道事業者。通称、IGR(アイジーアール)。

本来は「いわて銀河鉄道」を正式社名にすることを予定していたが、すでに「いわて銀河鉄道」の名前が法人登記されていたことから、頭に「IGR」(Iwate Galaxy Railway)をつけた「IGRいわて銀河鉄道」(社名のIGRカタカナ表記、「アイジーアールいわて銀河鉄道」)が正式社名となった。

2001年(平成13年)5月25日、会社設立。

擁する路線名は「いわて銀河鉄道線」であり、東北新幹線の車内放送でも「いわて銀河鉄道線」で案内される。

車両はJR東日本701系電車と同一形態(一部はJRから購入)の「IGR7000系電車」7編成14両を保有している。

奥中山をサミットとする十三本木峠には23.8パーミルの急勾配があるため、貨物列車国鉄ED75形電気機関車が牽引していたころは重連を組んでいたが、JR貨物EH500形電気機関車は単機で峠越えができる。蒸気機関車の時代には三重連が必要だった。

いわて銀河鉄道線
路線は盛岡駅目時駅間 82.0km。目時から先の青森県側は青い森鉄道が担当する。青い森鉄道線JR東日本花輪線に直通するローカル列車のほか、貨物列車も、この路線を通過する。