スマートフォン用の表示で見る

IMTS

一般

IMTS

あいえむてぃーえす

Intelligent Multi-mode Transit Systemの略。

トヨタ自動車が開発した次世代交通システム。

専用道上を自動運転走行したり、一般道路を運転手が手動運転できるため、鉄道とバスの長所をかねそなえている。

専用道では、道路に埋め込まれた磁気マーカーをセンサーで感知し自動運転している。

数台での隊列走行が可能。また、隊列の一部を切り離して手動運転に切り替えたり、手動運転のIMTSを隊列に自動で連結させることもできる。

愛・地球博」(2005/3/25〜9/25)長久手会場内で乗車できたほか、現在は「淡路ファームパーク イングランドの丘」(兵庫県南あわじ市)で乗車することができる。

愛・地球博のIMTS

愛・地球博長久手会場には、IMTSの乗り場として北ゲート駅・西ゲート駅・EXPOドーム駅とメッセ前バス停が「と」の字状に配置された。

自動運転は北ゲート駅・西ゲート駅・EXPOドーム駅の間で行われ、3両編成で折り返し運転を行った。

メッセ前バス停は西ゲート駅のやや北で本線と交わり、その交点との間は手動運転。交点では西ゲート駅から北に進む隊列が、まずバス停に進む最後尾を切り離した後、バス停から来たIMTSを最後尾に連結していた。


なお、自動運転するIMTSの運転席と助手席には、モリゾーとキッコロのぬいぐるみが置かれていた。

さらにメッセ前バス停を発車するIMTSでは、手動運転時は運転席に運転手・助手席にぬいぐるみが置かれていたが、連結時に運転手が「運転手を交代します」とアナウンスして席を替わっていた。