イスラム国 からのリダイレクト リダイレクト元を編集閉じる

スマートフォン用の表示で見る

社会

ISIS

あいえすあいえす

イラクシリアで活動するサラフィー・ジハード主義組織。イスラム教スンニ派過激派組織。イスラム過激派グループのひとつ。イスラム国。以前は「イラクとシリアのイスラム国(Islamic State of Iraq and Syria)」や「イラクとレバントのイスラム国(Islamic State of Iraq and Levant)」の略称。ISIL。

略歴

元々は2000年頃に発生した「タウヒードジハード集団(JTJ)」を起源とするとされ、その後「イラクアルカイダ(AQI)」が2004年にファルージャで戦った紛争がきっかけとなり、イラクスンニ派過激派に火をつけたとされる*1

2013年4月、「イラクアルカイダ(AQI)」より分離して、さまざまな過激派グループより約数千人が国を超えて集まり、独立してISIS設立された*2。それ以降シリア政府組織を相手に聖戦を行う、最も大きなイスラム教徒グループのひとつとなり、イラクでも軍事活動を行っている。正確な規模は判明しておらず、国を超えてメンバーが多数参加しているためアルカイダより大きく危険なグループとして認知されている。

リーダーは2011年アメリカ合衆国により特別指定グローバルテロリストに指定され、確保か死亡に多額の賞金をかけている*3、アブー・ドゥア(Abu Bakr al-Baghdadi)。2014年6月現在、シリアイラクを支配地域とし、油田地帯であるラッカなどを支配している。目的は中東の国境を書き換え、イスラム国家やイスラム法の過激な解釈によるカリフ制などの統治を望んでいる。宗教指導者の一部には、ISISによる侵攻を「スンニ派による革命」と前向きに評価する動きもあるとされる*4

2014年6月29日、リーダーのアブー・ドゥア(バグダディ)を「カリフ」とするイスラム国家樹立の宣言とともに、組織の名称を「イスラム国」に改めた*5

2014年7月4日、イラク北部モースルの大モスクの金曜礼拝にリーダーであるアブー・ドゥアことアブー・バクルバグダーディーがカリフとして現れ、礼拝の導師を務めた*6

2014年8月18日、日本人の湯川遥菜とみられる男性を拘束した旨を犯行声明としてネット上で公開。持っていた銃などから「傭兵であり、日本のスパイ」と判断されたとしている*7

組織名

ISISの最後のSはアラビア語で「アルシャム(الشام 、al-Sham)」であり、これは「シリア(Syria)」や「レバント(Levant)」などとも訳されために、「イラクとレバントのイスラム国(ISIL)」や「イラクとシリアのイスラム国ISIS)」などとも言われている。

統治

米国のテレビシリーズ「VICE」によると

同組織が「首都」と定めているラッカの統治方法は厳格なイスラム法に則したものであり

民間人の生活にも介入、自由を制限している。

ラッカ市内には「ヒスパ」と呼ばれる巡回部隊がおり

イスラムの教えに反していると見なしたもの(ポスターや衣服など)には

改善するよう指示、アルコールラマダン中の飲食などは罰則の対象になる。

子どもサッカーの中継を視聴していたとして処刑されたり、同性愛者が

ビルの屋上から突き落とされたりと、人道的な統治とはいえないのが現状である。

また、司法機関もイスラム法に則したものであり、国際法を無視している。

キリスト教徒も建前上は税金ジズヤ)を支払うことで居住することができると

されているが、スパイとされて殺害されたり、教会が破壊されたりと

必ずしも身分が保障されるわけではない。