Jカーブ効果

一般

Jカーブ効果

じぇいかーぶこうか

Jカーブ効果とは、為替レートの上昇が短期的に貿易収支を赤字化させ、そして長期的には貿易収支を黒字化させる現象(もしくはその逆の減少)を指す。

原因としては、価格調整に対して数量調整が遅れるということが挙げられる。つまり、マーシャル=ラーナーの安定条件(自国の輸出と輸入の価格弾力性の和が1より大きい)が短期的に満たされない場合に発生する。