J-22 からのリダイレクト リダイレクト元を編集閉じる

スポーツ

Jリーグ・アンダー22選抜

じぇいりーぐあんだーにじゅうにせんばつ

2014年発足のJ3リーグJ3)に参加する、Jリーグクラブの22歳以下の若手選手で構成されるサッカーチーム。

公式戦の出場機会に恵まれない若手選手に試合経験を積ませることを目的に、J3リーグに特別参加枠として参加する。

Jリーグ・U-22選抜」と表記される場合もある。略称は「J-22」。

初代監督には高畠勉が就任する。

選手について

Jリーグ ディビジョン1(J1)及びJリーグ ディビジョン2(J2)のクラブとプロ契約し、日本国籍を有する22歳以下の選手が対象。各クラブの選手の中から、登録させる選手を選出し、所属元クラブの同意を得たのち、Jリーグに届け出る。

選手はJリーグ・アンダー22選抜に登録されても、所属元クラブでのJFA登録は抹消されない。通常クラブでトレーニングし、J3リーグに出場する場合、試合に合わせてその都度集合する。試合終了後は解散し、所属元クラブに帰る。選手のJ3における出場実績は、プロA契約の締結条件に算入しない。

2016年リオデジャネイロオリンピックを目指す世代を強化するため、2014年シーズンは1993年1月1日以降に生まれたU-21世代の選手で構成する。

リーグ戦について

ホームスタジアムは持たず、全試合アウェーゲームで行う。

リーグ戦の順位が付き、表彰の対象となるが、賞金は支払われない。また、J2昇格の対象外となるため、2位以内に入った場合は、J2昇格の順位に関して他クラブの順位の繰上げが行われる。