Jリーグオールスターサッカー

スポーツ

Jリーグオールスターサッカー

じぇいりーぐおーるすたーさっかー

1993年から2007年まで開催されていた、Jリーグオールスターゲームリーグ戦が中断する夏季に行われた。

主催は財団法人日本サッカー協会社団法人日本プロサッカーリーグ

1966年から日本サッカーリーグJSL)で行われていたJSL東西対抗戦が前身。1986年からはコダックがスポンサーに付いて賞金マッチに改め、JSLオールスターサッカーとして開催された。Jリーグ開幕の1993年からはJリーグオールスターサッカーとなった。

チーム分けは基本的に東西対抗形式で行われたが、1995年と1996年は前年度の順位が奇数順位の「J-VEGA」と偶数順位の「J-ALTAIR」に分けられた。

試合は45分ハーフ。出場選手・監督は、サポーター投票Jリーグ推薦で選ばれる。選出された選手は、必ず試合に出場できるよう交代させる。負傷者により交代選手を使い切った場合、再出場が可能*1。個人表彰はMVP敢闘賞・MIPを各1名選出。

1986年から1998年まではコダックがスポンサーとなり「Kodakオールスターサッカー」、1999年から2001年までは「たらみ」がスポンサーとなり「たらみオールスターサッカー」と呼称された。2002年からは、1995年から2001年まで開催された「JOMO CUP Jリーグドリームマッチ」と統合される形でジャパンエナジーがスポンサーとなり、「JOMOオールスターサッカー」と呼称された。

2007年大会を最後にJリーグオールスターサッカーは中止。かわって2008年〜2009年は、Jリーグ韓国Kリーグの選抜チームが対戦する「JOMO CUP」が開催された。しかし、2010年はジャパンエナジー新日本石油の事業統合で発足したJX日鉱日石エネルギーがスポンサーから撤退したため、JOMO CUPも中止されることになった。

テレビ中継は一貫してテレビ朝日が担当していた。

歴代結果

太字は勝利チーム

開催日ホームスコアアウェー開催競技場
1993年7月17日WEST1 - 2EAST神戸ユニバー記念競技場
1994年7月23日WEST2 - 1EAST広島ビッグアーチ
1995年7月22日J-VEGA4 - 0J-ALTAIR国立霞ヶ丘陸上競技場
1996年7月6日J-VEGA2 - 2
(PK 4-3)
J-ALTAIR長居スタジアム
1997年7月27日J-WEST4 - 1J-EAST神戸ユニバー記念競技場
1998年8月16日J-EAST1 - 3J-WEST横浜国際総合競技場
1999年7月31日J-WEST3 - 2J-EAST長居スタジアム
2000年8月26日J-EAST2 - 5J-WEST宮城スタジアム
2001年8月4日J-WEST3 - 4J-EAST豊田スタジアム
2002年8月24日J-EAST2 - 1J-WEST埼玉スタジアム2002
2003年8月9日J-EAST3 - 1J-WEST札幌ドーム
2004年7月3日J-EAST3 - 3J-WEST新潟スタジアム
2005年10月9日J-WEST3 - 2J-EAST大分スタジアム
2006年7月15日J-EAST4 - 1J-WESTカシマスタジアム
2007年8月4日J-WEST3 - 2J-EASTエコパスタジアム

個人表彰

年度MVP敢闘賞MIP
1993三浦知良V川崎永島昭浩G大阪
1994永島昭浩(清水)城彰二市原
1995城彰二市原ギド・ブッフバルト浦和ギド・ブッフバルト浦和
1996ドラガン・ストイコビッチ名古屋ルイス・カルロス(京都レオナルド鹿島
レオナルド・ナシメント・ジ・アラウージョ
1997パトリック・エムボマG大阪ジョルジーニョ鹿島
ジョルジ・デ・アモリン・カンポス
ラモス瑠偉京都
1998ドラガン・ストイコビッチ名古屋小野伸二浦和森島寛晃C大阪
1999森島寛晃C大阪中村俊輔(横浜FM)稲本潤一G大阪
2000ドラガン・ストイコビッチ名古屋中田浩二鹿島西澤明訓C大阪
2001柳沢敦鹿島アレックス(清水)
(現・三都主アレサンドロ
中山雅史磐田
2002エメルソン浦和
マルシオ・パッソス・ジ・アルブケルケ
三浦知良神戸中西永輔市原
2003パトリック・エムボマ東京V森島寛晃C大阪三浦知良神戸
2004石川直宏FC東京ウェズレイ名古屋三浦淳宏東京V
2005マグノ・アウベス(大分)中澤佑二(横浜FM)中山雅史磐田
2006中澤佑二(横浜FM)パウリーニョ京都巻誠一郎千葉
2007大久保嘉人神戸小野伸二浦和中山雅史磐田

*1:2005年まではGKに限り可能だった。