スマートフォン用の表示で見る

Jリーグカップ

スポーツ

Jリーグカップ

じぇいりーぐかっぷ

日本プロサッカーリーグJリーグ)参加チームによって争われるリーグカップ

特別協賛社はヤマザキビスケットで、2016年9月から「JリーグYBCルヴァンカップ」の大会名称となる。1992年開催の第1回から2016年8月までは「Jリーグヤマザキナビスコカップ」の名称だった。

概要

主題公益社団法人日本プロサッカーリーグ公益財団法人日本サッカー協会

JリーグJ1リーグ)、天皇杯全日本サッカー選手権大会と並んで日本3大タイトルとされる。

決勝戦は通常、11月3日(文化の日)に国立霞ヶ丘陸上競技場国立競技場の改修のため、2014年以降は埼玉スタジアム2002を使用)で行われ、フジテレビ全国ネット生中継される。

優勝チーム(カップウィナー)には、賞金1億円とJリーグカップ(チェアマン杯)、ヤマザキナビスコカップ(スポンサー杯)、メダルが贈られ、2007年からは翌夏に開催されるスルガ銀行チャンピオンシップへの出場権も与えられる。準優勝チームには賞金5000万円に楯とメダル、3位(2チーム)には賞金2000万円と楯が贈られる。


ちなみに日本サッカーリーグJSL)時代にはJSLカップと言うカップ戦があった。

また、日本リーグ末期には上記とは別にコニカカップがあり、このカップ戦も当初コニカ(現・コニカミノルタ)がスポンサーとなる予定だったが、降板しヤマザキナビスコに代わった。

最近はサッカー日本代表が招集される期間中に行われることが多いため、チームとしての実力も試されるが、控え選手のテストという位置づけで臨むクラブもある。ただし、Jリーグの定めるベストメンバー規定に準じたメンバーを組む必要がある。

大会名称

1992年開催の第1回から2016年8月までの大会名称は「Jリーグヤマザキナビスコカップ」(略称ナビスコカップ)。ヤマザキナビスコが20年以上に渡って冠スポンサーを務め、2013年に同一スポンサーによる世界最長のカップ戦としてギネスに認定された。

2016年8月をもってヤマザキナビスコナビスコ米国法人)とのライセンス契約を終了し、同年9月1日付けでヤマザキビスケット社名変更した。このため2016年9月より、大会名称を「JリーグYBCルヴァンカップ」(略称ルヴァンカップ)に変更、大会タイトルマークデザインも新たにデザインされた。特別協賛社であるヤマザキビスケットの新ブランド名となる「YBC」と、2016年9月に新発売されるクラッカーの基幹商品「ルヴァン」の名前を冠した大会名称となっている。