J言語

コンピュータ

J言語

じぇいげんご

J言語はプログラミング言語の一種で、正式名称はアルファベット1文字の「J」だがC言語と同様、「J言語」と一般には呼ばれている。

Jは1989年、APLの提案者でもあるケネス・アイバーソンによりAPLの後継として提案された。APLは数式の表記、特に配列の処理に優れており、多くの計算式を極めて単純に表記できる利点を持っていたが、ギリシャ文字など特殊な文字を使用するため、この言語の実装にはフォントを設定する必要があり、可読性の低さもあって普及には至らなかった。

JはAPLの反省をふまえて、APLと同様の計算を通常のASCIIコードのみで使用できるようにした、またこの言語独自の機能である「演算子の合成」という機能が追加された。 これらの機能によりAPLのような表記の問題は解消されたが可読性はAPLよりもさらに下回ったという批判もある。

Jのデータ型は他の言語のような整数、実数、文字列の他に有理数複素数、n進数の表記法も実装されている。