スマートフォン用の表示で見る

JBCクラシック

スポーツ

JBCクラシック

じぇいびーしーくらしっく

地方競馬の最高峰レースのひとつ。生産者団体主催によるGI競走。

ダート2000メートル、負担重量57キロ、3歳馬55キロ、牝馬2キロ減。2005年現在で1着賞金1億円。

JBC地方競馬の持ち回りで開催され、中距離JBCクラシック(2000メートル)と短距離JBCスプリント(1200メートル)、牝馬限定のJBCレディスクラシック*1の2つのGI競走が行われる。*2 現在開催能力がある主催者及び施設はホッカイドウ競馬*3と、南関東3場*4盛岡競馬、2005年、2009年開催の名古屋競馬、2008年の園田競馬、2013年予定の金沢競馬程度であり、今後西日本開催の増加が望まれる。

歴代優勝馬一覧

回数年月日競馬場距離優勝馬(所属)性齢騎手(所属)
第1回2001年10月31日大井ダ2000レギュラーメンバーJRA牡4松永幹夫JRA
第2回2002年11月4日盛岡ダ2000アドマイヤドンJRA牡3藤田伸二JRA
第3回2003年11月3日大井ダ2000アドマイヤドンJRA牡4安藤勝己JRA
第4回2004年11月3日大井ダ2000アドマイヤドンJRA牡5安藤勝己JRA
第5回2005年11月3日名古屋ダ1900タイムパラドックスJRA牡7武豊JRA
第6回2006年11月3日川崎ダ2100タイムパラドックスJRA牡8岩田康誠JRA
第7回2007年10月31日大井ダ2000ヴァーミリアンJRA牡5武豊JRA
第8回2008年11月3日園田ダ1870ヴァーミリアンJRA牡6武豊JRA
第9回2009年11月3日名古屋ダ1900ヴァーミリアンJRA牡7武豊JRA
第10回2010年11月3日船橋ダ1800スマートファルコンJRA牡5武豊JRA
第11回2011年11月3日大井ダ2000スマートファルコンJRA牡6武豊JRA
第12回2012年11月5日川崎ダ2100ワンダーアキュートJRA牡6和田竜二JRA
第13回2013年11月4日金沢ダ2100ホッコータルマエJRA牡4幸英明JRA
第14回2014年11月3日盛岡ダ2100コパノリッキーJRA牡4田辺裕信JRA
第15回2015年11月3日大井ダ2000コパノリッキーJRA牡5武豊JRA
第16回2016年11月3日川崎ダ2100アウォーディーJRA牡6武豊JRA

ナはナイター開催(夕方のプチナイター含む)。

*1:開催当初は格付け表記無し。

*2馬場形態の制約上、2005年、2009年の名古屋開催ではJBCクラシックを1900メートル、2008年の園田開催では1870メートルで実施。また2006年の川崎開催ではJBCスプリント代替としてJBCマイルを実施。さらに、2010年の船橋開催は1800メートルで実施。

*3:未開催だが、門別競馬場のフルゲートが16頭であるためJBCの開催能力はある。

*4浦和競馬場での開催はフルゲートの頭数の関係上困難である。