スマートフォン用の表示で見る

JFAアカデミー福島

スポーツ

JFAアカデミー福島

じぇいえふえーあかでみーふくしま

福島Jヴィレッジに併設された、日本サッカー協会が運営する全寮制のサッカーアカデミー

中高一貫教育の6年間で行うエリート養成システムで、サッカーはもちろんのこと、人間性の教育も重視している。

地元自治体である福島県広野町楢葉町富岡町と協力して取り組んでいる。


2006年4月に開校。

生徒はJヴィレッジに隣接した専用寮で生活し、公立中学(男子:広野中学校、女子:楢葉中学校)、公立高校(福島県立富岡高等学校)に通学する。他のJFAアカデミーと異なり、「JFAアカデミー福島」としてチーム登録を行い、公式戦に参加している。

2011年4月より、福島第一原子力発電所事故の影響に伴い、静岡県御殿場市の「時之栖スポーツセンター」に活動拠点を一時移転している。中学生は御殿場市富士岡中学校、高校生は福島県立富岡高等学校サテライト協力校である静岡県立三島長陵高等学校に通学する。2015年の新高校1年生より福島県立ふたば未来学園高等学校の生徒となる。