スマートフォン用の表示で見る

JR宇都宮線

地理

JR宇都宮線

じぇいあーるうつのみやせん

東北本線のうち、直流電化されている上野黒磯間で使われている愛称。

愛称線名について

栃木県が「東北は暗いイメージがある」などと東北各県の反対を押し切りJR東日本に改名を求め、「宇都宮線」という愛称を付けることで結局落ち着いた。

JR西日本の「京都線」などの愛称は先に阪急に同名の路線があった場合は遠慮して「JR京都線」などと呼んでいるが、JR東日本の場合は東武鉄道宇都宮線があることなど一切気にしていない。

概要

東京近郊の通勤路線。東北本線黒磯を境に南が直流電化、北が交流電化となっているため、直流専用の電車を使う普通列車はすべて黒磯で運転系統が切れる。上野からはほとんどが小金井行きや宇都宮行きとなる。

湘南新宿ラインとも直通している。宇都宮線からの湘南新宿ライン横須賀線に直通する。(高崎線からは東海道線

快速列車

湘南新宿ライン経由の快速列車(昼間運転)には、特に愛称はなし