EF200型 からのリダイレクト リダイレクト元を編集閉じる

スマートフォン用の表示で見る

一般

JR貨物EF200形電気機関車

じぇいあーるかもついーえふにひゃくがたでんききかんしゃ

JR貨物の直流電気機関車

東海道線および山陽線貨物列車を高速化および長編成化するために投入された。わが国の電気機関車初のVVVFおよび誘導電動機採用車。設計段階では1600t貨物列車の牽引を目標としていた。実績では最大で1300t貨物列車を牽引している。

VVVFは1C1M制御。電動機の定格出力は1基1000KW、機関車1両で6000KWという大出力機関車。あまりに出力が大きく、フルパワーを出すと変電所の電流容量が不足してしまう。このため現在はノッチ制限をかけ、EF66と同程度の出力で運用されている。定電流制御も採用され、いきなりフルノッチに入れても過電流が流れない。制動方式も機関車内部では電気指令式ブレーキが採用され、運転台からエアの配管が消えた。側面に「INVERTER HI-TECH LOCO」のロゴが描かれている。

1990年に試作機EF200-901が竣工。走行試験の後、1992年から営業および量産を開始。2013年現在、吹田機関区に20両が在籍。以前より既存車から部品を取り外して整備に使う「共食い整備」が行なわれ、部品取り車から取りつくしたところで一両分の保守部品を発注していたという。

しかし製造した日立製作所保守部品の供給を打ち切ったとされ、今後は部品取り車の復帰はないとみられる。EF200-1はすでに除籍され、広島車両所で解体された。

以前は武蔵野線での運用もあったが、現在は東海道線山陽線根岸線で運用されている。

また、2013年改正で19運用があり、機数が足らないためEF66EF210がしばしば運用に入っている。EF210に関しては吹田機関区所属車のみならず、岡山機関区のものも入るが、新鶴見機関区所属車は稀である。


リスト::鉄道車両の形式::機関車