M250系 からのリダイレクト リダイレクト元を編集閉じる

スマートフォン用の表示で見る

一般

JR貨物M250系電車

じぇいあーるかもつえむにひゃくごじっけいでんしゃ

JR貨物が開発・運行している貨物電車で、愛称は「スーパーレールカーゴ」。従来の機関車牽引列車の代替として「世界初のコンテナ貨物電車を製作する」との目標で開発された。

編成は両端に電動車のMc250とM251のユニットをつなぎ、中間の付随車にT261とT260のユニットを6組つないでいる。16両の半固定編成*1で、前と後ろに2両ずつを電動車を配置。残り中間12両を付随車としている。2両ずつを半永久連結器でつなぎ、それらを密着連結器でつないでいる。先頭は並型自動連結器を装着している。31フィートコンテナのU54A型を、電動車に1個、付随車には2個積載できる。

最高運転速度は130km/h。定格出力220KWのモーターを1両に4台ずつ分散配置し編成で3520KWとなっている。

2004年初めから、佐川急便の専用列車として東京貨物ターミナル駅安治川口駅(大阪府)間を6時間強で運行している。

両先頭車はいかつい風貌で、電車というよりは新型の電気機関車のようにも見える。しかし、車体中央の大きなコンテナ搭載スペースがあるので分かりやすい。

運転台は機関車と違い、最近の旅客用電車と同じように左手操作型のワンハンドル式マスコンが装備されている。

ATSは従来のSF型と速度パターン生成機能付きのPF型を搭載している。

この車両は、空力効果と見た目上の問題から、31ftコンテナを全て搭載しないと運行できないことが大きな短所である。もし、交通事情の影響で、コンテナを搭載したトラックが列車の出発に間に合わない場合、死重を搭載したコンテナを載せて対応する。


リスト::鉄道車両の形式::JRの電車

*1:検査時は貨車と電車に分離して検査を受ける