JR四国121系

地理

JR四国121系

じぇいあーるしこくひゃくにじゅういちけい

JR四国一般型直流電車。1986年デビュー

高松近郊の予讃線土讃線電化に伴う高松近郊エリア用の電車。国鉄が発注し、民営化直前に投入され、JR四国継承された。

同時期製造の211系/205系に準じたステンレス製車体で、1M方式の2両編成を組む。片側3扉で位置付け的には105系の後継形式だが、車内はボックスシート。のちに一部編成がワンマン化され、ワンマン対応編成はセミクロスシートに変更されている。

また、台車などで101系などの廃車発生品を使っているため抵抗制御だが製造当初より電気指令式ブレーキとなっている。2015年度より一部編成で制御装置がVVVF制御のものに更新され、これにあわせてJR四国式の7200番台の車号に変更されている。