JR四国2000系 からのリダイレクト リダイレクト元を編集閉じる

スマートフォン用の表示で見る

一般

JR四国2000系気動車

じぇいあーるしこくにせんけいきどうしゃ

JR四国土佐くろしお鉄道特急列車として使用されている気動車

「南風」などに使用されていたキハ181系キハ185系を置き換え、高速化を図るために作られた振り子式を採用している。

1989年に試作車「TSE」が完成すると臨時特急しまんと」として試運転を開始した。

その結果が好成績だったため2000系は量産され、「南風」「宇和海」などに導入された。

1995年には最高速度130km/hのJR四国N2000系気動車が登場した。

現在は南風・しおかぜ・いしづちしまんと宇和海うずしおあしずりなどで使用されている。