JR四国7000系電車

一般

JR四国7000系電車

じぇいあーるしこくななせんけいでんしゃ

JR四国が、観音寺駅松山駅間の電化に伴い導入した電車鉄道車両

1M構造であり単行運転が可能の、VVVFインバータ制御電車。

単行運転用の両端運転台電動車と、増結用の片運転台付随車が存在。

片側3ドアで、車端部ドアが片開き・中央部が両開き構造で、シートが千鳥配置でクロスシートを配備した、JR四国1000形気動車の設計をベースとした物を採用。