227系 からのリダイレクト リダイレクト元を編集閉じる

地理

JR西日本227系電車

じぇいあーるにしにほんにひゃくにじゅうななけいでんしゃ

JR西日本一般型直流電車。2015年デビュー。広島地区向けの0番台は「Red Wing」の愛称を持つ。

広島地区向けとして、同地区で運用されている103系105系4扉車・115系の置き換えを目的として開発された。関西エリアの225系をベースに、北陸エリアの521系3次車で採用した技術を盛り込んでいる。

特徴

0番台 (Red Wing)

外観
  • 225系・521系同様の3扉ステンレス車体
  • 種別表示は225系・521系までとは異なり、カラーLEDを採用、側面表示機は種別・行き先が一体の表示機となった。
  • 帯は105系115系などがまとう山陽地区地域色の黄色ではなく、赤色。
  • 521系3次車に続き、先頭車部分の転落防止外ホロを採用。この部分も赤色になっていることがRed Wingの由来。
  • 3両編成と2両編成が存在し、組み合わせてきめ細かい需要に対応できる。
内装
その他

1000番台

近畿地区に投入される1000番台では、0番台と以下の点に差異がある。

運行

2016年3月改正ダイヤでは以下の区間で運行。呉線では安芸路ライナー(3両)および三原〜広間の列車(2両)でワンマン運転となっている。

沿革