287系 からのリダイレクト リダイレクト元を編集閉じる

スマートフォン用の表示で見る

地理

JR西日本287系

じぇいあーるにしにほんにひゃくはちじゅうななけい

JR西日本特急型直流電車。2011年にデビュー。

標準タイプの特急型として開発された。

車体は683系4000番台をベースに、並行して製造されている225系と同様の衝撃吸収構造をアルミ車体向けに改良して採用、車両システムも225系同様に1車両0.5M方式が採用されている。

見た目は683系4000番台と似ているが、ライトカバーの形状は異なる。内装も683系4000番台に準じている。

配置先によって車体側面の帯の色は異なるが、基本的な設備やシステム等は同一である。

所属先ごとの充当列車と運用線区

福知山電車区配置車両

北近畿ビッグXネットワーク特急列車で運用されてきた183系A・C編成の老朽取り換え用として、基本4両編成×7本、付属3両編成×6本が製造され、2011年3月12日のダイヤ改正で「こうのとり」「はしだて」「きのさき」「まいづる」で営業運転を開始。

車体側面の帯の色はワインレッド

なお、「まいづる」は付属編成が使用され、京都〜綾部間は基本編成を使用する「はしだて」「きのさき」と連結して運行される。

吹田総合車両所日根野支所所属車両

くろしお」で運用されている381系の老朽取り換え用として、2012年に基本6両編成×6本、付属3両編成×5本が製造され、2012年3月17日に「くろしお」で営業運転を開始。白浜以北のみを運行する列車に充当される。

車体側面の帯の色はオーシャングリーン。

普段は基本編成のみで運行するが、多客期は付属編成を新大阪側に増結して9両で運行する。

組成表

福知山電車区所属車両

こうのとり」1往復(全区間3両編成)を除き、基本編成1〜4号車、付属編成5〜7号車として運行

城崎温泉宮津|天橋立東舞鶴新大阪京都

1号車
クモロハ286-0
2号車
モハ287-100
3号車
モハ286-0
4号車
クモハ287-0
5号車
クモハ286-0
6号車
モハ286-100
7号車
クモハ287-0
グリーン車
指定席
指定席自由席自由席自由席指定席指定席
トイレ車いすスペース
多機能トイレ
多目的室
トイレ-トイレ車いすスペース
多機能トイレ
-

座席種別は列車や時期によって変わることがある。

吹田総合車両所日根野支所所属車両

基本編成1〜6号車、付属編成7〜9号車として運行。7〜9号車は多客期に増結

←白浜|新大阪

1号車
クモロハ286-0
2号車
モハ286-0
3号車
モハ287-200
4号車
モハ286-200
5号車
モハ286-0
6号車
クモハ287-0
7号車
クモハ286-0
8号車
モハ286-100
9号車
クモハ287-0
グリーン車
指定席
自由席自由席指定席指定席指定席指定席指定席指定席
トイレトイレ車販準備室車いすスペース
多機能トイレ
多目的室
業務用室・車掌
トイレ-トイレ車いすスペース
多機能トイレ
-
JR西日本287系
目次