521系 からのリダイレクト リダイレクト元を編集閉じる

スマートフォン用の表示で見る

地理

JR西日本521系電車

じぇいあーるにしにほんごひゃくにじゅういちけいでんしゃ

JR西日本IRいしかわ鉄道あいの風とやま鉄道近郊型交直流電車。2006年にデビュー。

北陸本線ローカル列車に使用されている旧型車の代替として、223系321系683系をベースに開発された。

特徴

常時貫通構造のため、JR西日本223系電車5000番台の交直流版といえる外観になった。ローカル用なのでワンマン運転にも対応している。また、パンタグラフ223系のような下枠交差型ではなく、シングルアーム式が採用されている。最高速度は120km/h。

車内も同時期製造の223系と大差ないが、ワンマン運転時を考慮し、クモハ521の米原側車端部はロングシートとなっている。

電気系統の設計は683系をベースにしているため、パンタグラフ金沢方クモハ521ではなく、米原方クハ520に装備されている。また、電源周波数683系と同じく60Hzのみ対応。

増備による仕様変更

2010〜11年に登場した2次車からは、手すり・吊り革のオレンジ色化など、のちに登場した225系に近い仕様が一部取り入れられている。

2013年に登場した3次車からは225系風の車体になった。

運用

JR所属車のうち敦賀配置のE編成(5本)は米原/近江今津福井間、J編成(19本)と金沢配置のG編成(11本)は敦賀金沢間、IRいしかわ鉄道所属編成は金沢富山間、あいの風とやま鉄道所属編成は金沢糸魚川間で運用されている。

リスト::鉄道車両の形式::JRの電車