JR東海キハ25形気動車

一般

JR東海キハ25形気動車

じぇいあーるとうかいきはにじゅうごがたきどうしゃ

JR東海鉄道車両一般気動車。2010年に登場。

JR東海313系電車とほぼ同じ外観および内装となっており、前面のライトが一部ないのと、スカートの形状のみ異なる。

全編成ワンマン対応の2両編成である。

概要

0番台(1次車)

快速「みえ」増強用として2010〜11年に2両編成×5本が武豊線に投入された。313系1300番台と同様の、扉間クロスシート(ドア付近固定の転換式)・車端部ロングシート

武豊線の電化で同線からは撤退し、現在は美濃太田車両区に在籍、高山本線太多線(岐阜方面直通あり)で運用されている。

編成:P1〜P5(名古屋車両区から転属)

1000/1500番台(2次車)

JR東海管内の旧型気動車の老朽取り換え用として2014〜16年にかけて投入された。全席ロングシート。1000番台はスノープラウを装備し寒冷地対応、1500番台はスノープラウを持たず暖地専用。

美濃太田車両区に1000番台2両編成×8本が在籍し高山本線太多線で運用されている。現在名古屋車両区に1000・1500番台2両編成×18本が順次投入されている。

1000番台
編成:P101〜P108(美濃太田車両区)、M1M4(名古屋車両区)
1500番台
編成:M101〜M114

リスト::鉄道車両の形式::JRの気動車