スマートフォン用の表示で見る

JR東海313系

地理

JR東海313系

じぇいあーるとうかいさんびゃくじゅうさんけい

JR東海の一般型電車。1999年に登場した。

20m3ドア車体構造である。211系213系311系との併結運転が可能。

VVVFインバーター制御を採用しており、またJR東海管内の電化区間どこでも走れるようになっている。

投入線区や時期に応じて仕様が分かれており、ローカル輸送用から快速用まで各種バリエーションが存在する。

0番台、300番台、1000番台、1100番台、1300番台、1500番台、1600番台、1700番台、2300番台、2350番台、2500番台、2600番台、3000番台、3100番台、5000番台、5300番台、8000番台がある。

製造年次

1〜2次車

103系113系115系165系の置き換えを目的に1999〜2000年度にかけて0番台60両(4両×15本)、300番台32両(2両×16本)、1000番台12両(4両×3本)、1500番台9両(3両×3本)、3000番台56両(2両×28本)、8000番台18両(3両×6本)の合計187両が製造された。車外表示機は幕式。

3次車

113系115系123系の置き換えを目的に2006年度に1100番台8両(4両×2本)、1600番台12両(3両×4本)、1700番台9両(3両×3本)、2300番台18両(2両×9本)、2500番台51両(3両×17本)、2600番台30両(3両×10本)、3100番台4両(2両×2本)、5000番台72両(6両×12本)の合計204両が製造された。この製造分から車外表示機がLEDに、ヘッドライトLED+HIDになった他、トイレが大型化された。

4次車

117系119系の置き換えを目的に2010〜12年度にかけて1100番台32両(4両×8本)、1300番台48両(2両×24本)、5000番台30両(6両×5本)、5300番台10両(2両×5本)の合計120両が製造された。この製造分から製造時より優先座席およびドア滑り止めの色分け明確化されている(3次車以前の車両も順次施行された)。

5次車

武豊線の電化名目として2014年度に1100番台12両(4両×3本)、1300番台16両(2両×8本)の合計28両が製造された。製造時より車内照明器具が蛍光灯型のLEDになっている。

他社では

愛知環状鉄道2000系は、313系3000番台を基本にして製造された。