E721系 からのリダイレクト リダイレクト元を編集閉じる

スマートフォン用の表示で見る

地理

JR東日本E721系電車

じぇいあーるひがしにほんいーななひゃくにじゅういちけいでんしゃ

JR東日本の一般型交流電車。仙台近郊路線用として2007年に登場。

20m3ドアの2両編成で、車内はセミクロスシートVVVFインバーター制御。

車椅子対応大型トイレ設置の他、床下機器の小型化により低床化が実地された結果、乗降口の段差(ステップ)が解消され、高いバリアフリー対応能力を持つこととなった。

車両情報管理にはE231系E233系TIMSではなくMONを採用し、701系と協調運転が可能となっている。

車両には東北本線仙山線常磐線用の0番台のほか、仙台空港アクセス鉄道用の500番台がある。2011年現在、0番台が44編成、500番台が4編成在籍しており、500番台の全編成および0番台の一部はワンマン対応となっている。

全車仙台車両センター配置。

2008年、SAT721系電車とともに鉄道友の会ローレル賞」受賞。

なお、JR北海道721系電車とは無関係。

姉妹形式・派生形式