JR北海道キハ281系気動車

一般

JR北海道キハ281系気動車

じぇいあーるほっかいどうきはにひゃくはちじゅういちけいきどうしゃ

JR北海道特急振り子気動車振り子傾斜角は5度。

1994年から営業運転を開始した。現在は札幌函館間の特急スーパー北斗」のうち5往復に運用されている。

通商産業省(当時)から「グッドデザイン賞」を受けている。また、1995年には鉄道友の会ローレル賞」を受賞した。

札幌函館間は、従来から国鉄キハ183系気動車による特急北斗」が運転されてきている(現在も「スーパー」のつかない「北斗」として存続中)が、この気動車の導入により、同区間の所要時間が約30分短縮され、最速3時間ちょうどで運転できるようになった。

この型式の後継車両として製造され、主に「スーパーおおぞら」「スーパーとかち」に使用されているJR北海道キハ283系気動車との混合連結も可能になっている。

先頭車には、振り子気動車にちなんで、「FURICO 281」のロゴが入っている。JR北海道789系電車(「スーパー白鳥」など)が登場する以前は「HEAT281」のロゴが入っていた。

リスト::鉄道車両の形式::JRの気動車