735系 からのリダイレクト リダイレクト元を編集閉じる

一般

JR北海道735系電車

じぇいあーるほっかいどうななひゃくさんじゅうごけいでんしゃ

JR北海道の一般型交流電車。

2012年の札沼線学園都市線)電化工事竣工後の気動車置き換えなどを見据え、2010年に6両(3両編成×2本)が製造された。「731系」の後継の位置付けともいえるが、この時点では鉄道車両の型式の命名慣例による733系を名乗らず、「735系」として登場した(733系は後から登場)。

本型式では寒冷地での導入例が希なアルミ合金車体を初めて採用したが、内装は731系に倣いオールロングシートで、出入口のデッキも撤廃車いす対応型トイレを装備している。また、札幌地区のローカル用車両として初めて行先表示器にLEDが採用された。

なお、既存のJR北海道721系電車JR北海道731系電車及び今後導入されるJR北海道733系電車との混結は可能だが、JR北海道キハ201系気動車との混結には対応していない。

2010年の導入後から2011年度にかけて既存の電化区間である函館本線千歳線を中心に走行試験を重ね、これらの試験結果を2012年に量産開始した733系電車へ反映させることとした。733系電車では車体がステンレス製に戻っている。

2012年6月1日の学園都市線電化に伴い営業運転を開始、721系・731系・733系との共通運用にて函館本線千歳線学園都市線で運転されている。