スマートフォン用の表示で見る

JR500系

一般

JR500系

じぇーあーるごひゃっけい

鉄道車両の形式

1997年にデビューした新幹線の形式。

鳥に学び鳥となった新幹線

特徴

  • JR西日本所有で日本で初めて最高300km/hの営業運転を行った列車。ただし300km/hで運転するのは山陽新幹線姫路以西だけ。山陽新幹線姫路以東と東海道新幹線では路線の関係上270km/hが最高で運行された。
  • これまでの常識を覆すそのボディは15mとものすごく尖ったノーズに、完全なまでの円筒状の胴体が特徴。
  • 1号車博多寄りと16号車東京寄りには扉がない。
  • その特徴ある流麗なデザインのボディに、300km/h運転などの魅力があるため、JR時刻表では500系で運転されるのぞみにはちゃんとそのことが注記されていた。
  • 単なる流線型で無く、キャノピー型に膨らんだ運転席や、側面の溝やパンタグラフ部の突起物など独自の形状をしている。この形状は先頭部分がカワセミの頭部・クチバシの形状がヒントとなっており、パンタグラフ部の消音用の突起物はフクロウの羽がヒントとなる。
  • 東京-博多間を結ぶのぞみ*1を中心に運用されていた。山陽新幹線内の臨時「ひかり」にも充当されることが存在した。
  • 後継車両「N700系」の増備に伴って、東海道新幹線及び「のぞみ」の運用からは撤退することが決定される。2010年2月末をもって定期運用の「のぞみ」から撤退することが決定した。
  • のぞみ」運用の縮小とともに8両編成に短編成化されたV編成が登場し、山陽新幹線内の一部の「こだま」号に用いられるようになった。
  • 8両編成に改造するにあたり、グリーン車を廃して全車普通車とし、指定席は座席配列を2列ー2列とした。また、「のぞみ」運用の頃の特異な集電装置(パンタグラフ)についても700系N700系のような汎用的なものへ載せ替えられた。
  • この車両が使用される「こだま」については「のぞみ」に使用されていた頃に引き続き、JR時刻表でも「500系」の特記がなされている。

略歴

  • 1992年、新幹線500系の形式番号を持つ「WIN350」が登場。
  • 1996年発売の鉄道雑誌にて500系量産先行車(のちのW1編成)が公に姿を現す。デザインは「WIN350」と全く異なる。
  • 1997年3月22日に山陽新幹線でデビュー、同年11月29日から東海道新幹線東京乗り入れを開始。
  • 2008年12月2日より、8両編成に短編成化されたV編成が山陽新幹線内の「こだま」として運用されていた。
  • 2010年2月28日、東海道区間の「のぞみ」運用から撤退。最後の1往復として限定運行が設定されていた列車は、のぞみ29号。

*1新大阪-博多間を結ぶのぞみも1往復ある。