スマートフォン用の表示で見る

Japanese Dream

音楽

Japanese Dream

じゃぱにーずどりーむ

1992年4月、埼玉のFMラジオ局NACK5にて放送が開始された音楽番組。

番組の一番のウリが、売上や知名度に関係なく、いい曲であるかを基準にリスナーの投票によって決定されるオリジナルの「JDチャート」である。

投票は電子メールによって行われる(番組開始当初はハガキでの投票。それがWebサイトからの投票となり、その後現在の形となった)。

最大で全国5局ネットされたこともあった(他の4局は京都α-station名古屋ZIP-FM福岡CROSS-FM札幌FMノースウェーブ)が、現在はNACK5でのみの放送となっている。

チャートのあり方については賛否両論あるが、新譜をいち早く先取りして聞き比べることができるため、耳の肥えた音楽ファンには重宝されている。

パーソナリティは長谷川雄啓氏、音楽評論家富澤一誠氏。

2006年4月1日の放送を最後に、14年の歴史に幕を降ろした。