スマートフォン用の表示で見る

John zorn

音楽

John Zorn

じょんぞーん

1953年9月2日生まれ。NYのアヴァンギャルド・シーンを牽引したらしい日本通のミュージシャン。14歳より作曲を開始。その後アルトサックスに手を出す。boredomsのeyeやヘンリー・カウのフレッド・フリスが参加したnaked city、自身のルーツであるユダヤがモチーフのmasada、即興演奏にゲームとカットアップを導入したコブラビル・ラズウェルや元ナパーム・デスのミック・ハリスと組んだpain killerなどで知られる。スラッシュ・メタルおよびグラインド・コア以降の高速音楽とフリー・インプロヴィゼーションを融合/同居させ、めまぐるしく回転/発展させてきた人物。80年代には日本に住みラジオ歌謡曲の音楽性の無頓着/無秩序ぶりを絶賛し、自身のアルバムに太田裕美を起用したりした。彼の運営するレーベル、ツァディックではさまざまな前衛音楽や実験音楽民族音楽が発売されている。