スマートフォン用の表示で見る

Kin

Microsoftが2010年4月12日に発表した、ソフトウェアプラットフォーム米国MicrosoftブランドのWindows phoneを採用し、SNSTwitterなどのソーシャルサービスとの連携機能に特化したスマートフォン

Microsoftが“Project Pink”という開発コード名で企画開発していた端末。

マイクロソフト日本広報によると「Windows Phone 7Windows Mobile 6.5.3と全く同じではなく、“Windows Phone for KIN”と言うべきソフトウェア」とのこと*1



米国では2010年5月初旬、Verizon Wirelessから販売予定。

またドイツイタリアスペイン英国では、2010年秋にはVodafoneからリリース。

2010年4月現在、日本では発売予定はない。


初期には端末はシャープ製で、コンパクトなスライド型端末「KIN ONE」と、大きなQWERTYキーを搭載した横スライド型の「KIN TWO」の2機種をラインアップ。


他のユーザーへ写真などを送信する『KIN SPOT』、最新ニュースやサイト、TwitterMySpaceWindows Liveの更新状況を確認できる『KIN LOOP』、写真やアドレス帳、メッセージなどをバックアップできる『KIN STUDIO』などの機能を持つ。

※読み方は英語ニュースサイトで確認済みです。