LAP

サイエンス

LAP

えるえーぴー

ロイシンアミノペプチダーゼ。

タンパク分解酵素の一種で、胆汁中などに分布し、その血中濃度は肝系疾患の診断に利用される。