LM曲線

一般

LM曲線

えるえむきょくせん

貨幣市場の均衡をあらわす(右上がり)。

横軸に国民所得Y、縦軸に名目利子率rをとり、貨幣市場が均衡するような点を線で結ぶと、右上がりの曲線になる。つまり国民所得が上昇すれば、名目利子率も上昇しなければ均衡しない。

LはLiquidity Preference(流動性選好)、MはMoney Supply(マネー・サプライ)を意味する。

マネー・サプライ物価水準を一定として、貨幣市場の均衡を維持する名目利子率と実質国民所得の組合せを示す。貨幣市場の均衡とは、実質マネー・サプライと流動性選好が一致する状態を指す。

Lは、所得が増えると取引需要が増えて増加し、名目利子率が下がると貨幣に対する資産需要が増えて増加すると考え、国民所得と名目利子率の一方が与えられれば、貨幣市場を均衡させるという条件で、他方が決められるという考え方。