スマートフォン用の表示で見る

Lindbergh

ゲーム

LINDBERGH

りんどばーぐ

セガが2005年9月1日に次世代業務用汎用基板として発表した、アーケードゲーム用システム基板。PCベースとなっている。

スペックの違いで、廉価モデルのLINDBERGH REDやハイパフォーマンスモデルのLINDBERGH BLUEがある。


2009年2月には、後継基板の「RINGEDGE」「RINGWIDE」が発表された。

スペック

CPU
HTテクノロジ対応 Intel Pentium4プロセッサ 3.0GHz
メモリ
184pin DDR SDRAM PC3200 512MB × 2(Dual)
GPU
NVIDIA製 256bit幅 GDDR3 VRAM256MB搭載 AGP接続
Vertex & Pixel Shader 3.0、2画面同時出力も可。(解像度設定も別々に可能)
サウンド
3Dオーディオシンセサイザーチップを搭載。最大発音数:64音、5.1ch出力対応
入出力
ビデオ:アナログ出力アナログ D-Sub15pin、アナログ/デジタル出力 DVI-I端子の2出力
サウンド:5.1ch(フロント2chRCAコネクタ使用)、S/PDIF(光デジタルオーディオ出力)
LAN:On board 10/100/1000BASE-TX
業務用ゲーム入出力:JVS I/Oコネクタ
シリアル2ch(1chは232Cと422の切り替え可能)
USB 2.0 × 4port
その他
業務用オリジナルセキュリティ機能
アプリケーション供給:DVD
ALL.Net接続対応の通信機能を標準サポート